2014 蒼社川稚魚放流

今年もやってきました

アマゴの稚魚放流

 

 

釣りには全然行けていないが(ーー;)

毎年恒例のこの行事にはこれからも参加していきたいと思う

 

小さいのがウジャウジャ♪

 

20000匹を放流します!!

 

特大タモを手にする淳師匠

「これやったら50~60の大物でもいけるのう」

とご機嫌(笑)

 

上流~下流域は他の方々にお任せして我々は源流へと向かいます

 

大きくなれよ!と願いを込めて!!

 

放されたばかりの稚魚達はしばらくその場を離れません

 

ここはどこだ?!とキョドっているのでしょう

 

しばらくすると深みの方へと集団移動していきました

 

腐りかけの鉄橋の上からへっぴり腰で淳師匠がロープを使ってバケツを降ろします(笑)

 

移動の間の稚魚達のストレスは相当なものでしょう

少しでも早く放してやらねば!!

 

本山椒が生えていました

いい匂いだ

ウナギが食べたい(笑)

 

超源流域に到着

林道から結構離れているのでさすがに誰も付き合ってくれません(笑)

 

逞しく育っておくれ

2年後に会おうや(^o^)/~

 

 

金庫破りの淳師匠(笑)

 

オレが釣りに入る時は車止めのゲートの鍵を貸してください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*