2014 渓流09

徳島県吉野川本流釣行~テバのフュージョン使用

 

海釣り専門のツレを誘ってやってきました吉野川

やはり渓流釣りをしたことない人間をいきなり本流に釣れてきてはいけませんね~

 

なーんもアタリません(–;)

どこか数釣りできるような小渓流へ連れていって楽しんでもらもらわねばハマってくれそうもありません・・・・・

 

ま、それはいいとして(笑)

 

おニューのシューズ「テバのフュージョン」を使用してみました!

 

いいですね~(●^-^●)♪

 

ランガンするんで入渓するまでには当然、舗装道や未舗装道も歩くワケだけどスニーカーだけあって履き心地は抜群です。

 

さて肝心の入渓後

濡れた石、乾いた石へのグリップはフェルトより強力です。

特に本流域での乾いた大小の石がゴロゴロしてる河原歩きにはもってこいです。

フェルトだとソールが乾いた状態や、砂で目詰りしている状態だと滑りますがフュージョンは粘りつくように食いつきます。

 

濡れた石も同様で安定感があり、特に足元に注意しなくても吸い付くようにグリップしてくれます。

さすがスパイダーソール!

名前に偽りなしってとこでしょうか

こーれは源流釣りでもかなりの武器になりそう!

 

気をよくして流れの緩い瀬へと移動

 

川底を見ると茶色い苔がたっぷりと付いた石がゴロゴロしています。

さあ、フュージョンよお前の力を見せてみろ!!

 

わざと無造作に苔石に足を乗せてみますと~

 

つるん!

 

あれ?

 

もう一回

 

つるん・・・

 

これはいかんと、今度は慎重に足を乗せて足裏全体で掴むようにしてみるとようやく乗れました。

乗れたと言ってもグリップしている感覚ではありません。

なんていうか足裏の力と体のバランスでようやく乗れているってとこでしょうか

このあたりとてもフェルトには遠く及びません

 

テバのフュージョン

結論としては

ヌルヌルした苔石だらけのような場所ではとてもじゃないけど使う気にはならないですね

それ以外はフェルトソールより優れていると思います。

 

さて、お魚さんも釣れないことだしここまで来たら名物の祖谷そばでも食べようってことになりとあるお店へ行ってみました。

かけそば一杯600円也

ワクワクしながら食します

 

こ、これは!?

 

ツレと顔を見合わせます

お互い無言・・・・・

 

次回リピートはありません(笑)

 

 

~ 釣果 ~

悲しみのボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*