2012 渓流27

面河水系 乙谷釣行

本日はsimmsくんと同行
選んだ谷はオレのリクエストにより

乙谷に決定!!

ここは2人とも初めての谷である
事前情報によれば魚影は薄いらしいが果たしてどうなのか?
自分の目で確かめてみましょう
♪ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク♪

simmsくんはルアー
オレは餌釣り&ルアーの2刀流の予定でいざスタート
レッツ――ヽ(@,,>∀<)ノ――ゴォォ♪

AM 06:20入渓

まずは餌釣りから

入渓地点より少し下流に美味しそうな淵が見えたので、
下がって竿を出すが反応なし・・・・・
(T_T)
上でやってたsimmsくんも同様のようで手ごたえを感じていないようだ
2人して不安になる・・・・・
アセ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アセ

だが

 

渓相はいい(^◇^)
大岩ゴロゴロで迫力はあるし、かといって遡行は全然厳しくない
祈る気持ちで進んで行くと

ここでようやく初HIT!!

チビだが魚の存在が確認できてホッとした~
ε-(´▽`)

ここら辺りからsimmsくんにも反応が出始めた
イェ~イ!(゚σ∀゚)σ

しばらくsimmsくんのロッド捌きを見学しながら遡行する
みー(・・ヽ)てー(ノ・・)るー(・・ヽ)だー(ノ・・)けー♪

う~ん・・・
(  ・_・)ジィィィ・・→→→→→() ゚0゚) グサッ!!

キャストの精度が素晴らしくて、オレなんかとは

全然次元が違う

めっちゃ凄いです!!

立ち位置変えずに、どんな厳しそうなポイントにも次々とルアーを打ち込んでるし・・・・・・
ルアーの釣りは淡水、海水といろいろあるけれど、
ことキャスティングに関しては、障害物の多さと困難さからして
源流域でのルアーフィッシングが一番精度を求められるんじゃないかと思う。
(*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン

オレの場合は投げやすくて、長い距離を引ける大場所しかやりません(てゆうかやれません)


右岸に滝が見えるが、ここが水線のある二又か?

小場所でポツポツとチビを拾いながら行進!!

すると滝が現れた。

ここで大きなアマゴちゃんを掛けるが、浮かせたところでハリスを切られてしまう・・・・・
ガ━(◯Δ◯;)━ン
尺は無いとは思うけど、今までオレが面河水系で釣った中では最大だったことは

間違いない!!

ここでも面河の手痛い洗礼を受けてしまうのかオレ?(泣)

一方その頃simmsくんは

すでに滝の上・・・・・

急いで追いかけます!!
( `・ω・)ゞ

simmsくんを追い越して~
この淵で竿を出すと

ようやく


20cm

追いついてきたsimmsくんは25cmの立派なアマゴちゃんを釣っていた

さすがである!!

抜群の落ち込みが続くがサイズは上がらず・・・・・

そろそろランチタイムということで休憩
オレはオニギリ
simmsくんはパンをぱくつきながらしばらく渓流談義

ランチタイム終了後は渓流竿を仕舞いルアーマンへと変身
ヘン~(  ̄▽/)ゝシン!!! \(○ `O´ ○)/トゥーー!!

simmsくんのレクチャーを受けながらルアーのお稽古開始!!

追ってはくるが、足元でUターンするパターンが多い
それもチビばかり・・・・・

simmsくんがガンガン攻めているが
こ~んな大場所でも大物はお留守のようで・・・・・

オレの方はといえば
残念ながら良型をバラして、チビはスレがかりで
チ───( T-T)────ン
満足な結果は出せなかった(泣)


13:48納竿

この谷は禁漁にして2年くらい休ませた方がいいんじゃないだろうか
渓相いいのに、なんとも勿体無いねぇ

~釣果~
アマゴ 2人合わせて30匹くらい
最長 25㎝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*