2012 渓流21

重信川水系 オロチ谷釣行

本日は初めての谷へ
((((*ФωФ)ノ イッテミヨーーー!!

その谷は近くて遠いところ

以前から行きたくて行きたくて堪らなかった所だが
いつも同行者が見つからず、ガマンしていた憧れの谷である(笑)
どうもキツくて魚影の薄い谷らしい
皆さん揃って嫌がります・・・・・
イヤ(T△T 三 T△T)イヤ

禁漁も近づきこのままでは行かずに終わってしまいそうなので
アセ(;~▽~;)アセ
勇気を出して
単独釣行決行!!
щ(゚Д゚щ)カモォォォン

AM 06:44入渓

開始早々アマゴ2匹が連続で釣れるが・・・
7cm程度の赤ちゃん(*・◎・*)ノ~☆ンダァッ!

しかも

それより大きいタカハヤまでが釣れてしまう
先行き不安になってきた・・・・・
||q*´□`;)。o○( 不安 ・・・)

 

しかしそんな不安も次の1匹で吹き飛んだ
いきなりのサイズアップでテンションが上がる♪
゚+.o.+゚ルン♪ヾ(○’∀’○)ノ♪ルン゚+.o.+゚

28cm

その後も良型が入れ喰い状態
ゥシシシシシ(`p皿q´○)ε≡≡(○`p3q´)ムププ♪
遡行にも力が入ってきた

ジャリで形成された河原を抜けると落差8mの通行不能の滝が出現!
ヨダレの出そうな滝壺に期待を込めて振り込むが・・・

残念ながら足元でチビが釣れたのみ
゜・(*ノД`*)・゜・
大体こんな大場所は常に抜かれていると思っていいみたいやね
…(。-`з-。)σ@ ィジィジ

右側にロープが張ってある
どこの強者がここを直登するんだ???
σ(._ ・;*)ゥーン…
登りきるには滝より更に高い位置になる
ゴールは14m程か
しかも垂直!!
どこのどなたか知らないが世の中には凄い人もいるもんだ

う~んオレには無理かな(´д`;)

こういうのを涼しい顔でクリアできるのはオレの知る限りではチライさんぐらいかな(笑)

とりあえず引き返してそこそこ傾斜のある右岸からチャレンジ
登りきると、滝より高い山道に出た。

しかし歩けど歩けど滝上に降りれない。
どこを覗いても吸い込まれそうな

断・崖・絶・壁!!!

諦めて泣く泣く(T△T)また元の滝下までUターン

仕方なく今度は左岸から一旦林道へパスする

そして降りれそうなところを探すが・・・・

こちらも厳しいとこばかり
Y(>_<、)Y ヒェェ!
偵察に行っては諦めて引き返しの繰り返し
完全な絶壁のV字谷になってる・・・・・

仕方なく林道を進んでいくが、どんどん渓から離れてしまうし

おかげでかなりの
時間ロス&体力消耗(^ ^;)
美味しそうなエリアを飛ばしてしまった
Σ(゚Д゚;)アラマッ
これは悔やまれる。

林道をどんどん進み、やっと渓に近づいたところでガレ場を滑り降りると(落ちる?)
またまた滝が出現!!

おお~いいねぇ♪
広くて水深のあるオレ好みの釜じゃないですか

期待してはいけないのは解っていても期待を込めて竿をだす(笑)

チビが釣れる・・・・・
やっぱりね~

まあせっかくの大場所やからもう少し粘ってみるか

するとガツンッ!と大きなアタリ
竿先が綺麗におじぎし
持ち手にはズッシリとした重みが
遅れ気味にアワセを入れて~
さあスタート!

広い釜なので右に左に走り回って楽しい~♪
底で反転する時のギラっとした魚体が眩しいゼ!

「これは余裕で尺上いったろ」

5分くらい好き勝手に遊ばせると、ヤツはようやく浮いて寄ってきます。

第一印象は太い!!

第二印象は短い!?

・・・・・・・

メタボや~ん
~~(o_ _)o ドテッ
検寸すると26cm

26cmのくせに引きと重みだけは尺上クラスとか生意気!!
( -_-)ノビシ*)゚O゚)~☆


26cm

この時点で12:00

今日はヨメが弁当を作ってくれたのでここでランチ♪φ(○´∀`)φ
やはりこういう場所で食べるとめちゃくちゃウマイ!!
これでカップラーメンがあれば文句なし(笑)

午後の部は絶好調で良型時々チビ

みたいな感じが続く

ここからはキツイ場所は現れず、渓相はバツグン♪
ホームリバーの鈍川とダブるな~
谷全体が白い!!
V字のあたりは黒いイメージだったんだけどね。

魚影がかなり濃いから遡行スピードが落ちていく
ハリを外すのとエサをつけるのがめんどくさくなってきた。
(○´C_,`○) フッ

このあたりはルアーの方が面白そう

二又が現れたところで13:32納竿

でもまだまだ興味があるのでここからは沢屋に変身
次回の為に偵察しときましょう。

午前中の遅れを取り戻すべくチャッチャと進む!!
足元を走る影もまだまだ見れて一安心

するとまた二又が現れた。

う~ん
初めて&1人だし、今日のところはこれくらいでいいか

さあ脱出だ~!!!!

林道は切れているはずだけど、確か登山道があるはず
とりあえず植林地帯のガレ場をハイハイしながら左岸を上っていくが
これが地獄の始まりだった・・・・・・・・

登山道なんかありゃしねぇ

だんだん登る気力も体力もなくなり、仕方なく水平移動に切り替える。
キコリ道はところどころあるが、これがクセモノで直ぐに終了&崩落
お茶もとっくに切れて喉はカラカラ
結局また渓まで下りて、川通しで昼食地点まで戻り林道へ脱出!!

車にもどると16:30
あ~疲れた()´д`()ゲッソリ・・・

だが
気に入った!!

次は誰か道連れよろしく(笑)

~釣果~
アマゴ 34匹
最長 28cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*