2012 渓流15

猿沢釣行

本日の入渓時間はPM01:30
なんとやる気のない時間だろう(笑)
2~3時間のチョイ釣り目的で猿沢に立つ

まずは入渓地点の滝壺真横からのスタート!

 

落ち込みの手前で2匹立て続けにタカハヤが掛かりイヤな感じ・・・・・
( ̄△ ̄;)
気を取り直して今度は奥へと振り込むと
チビアマゴが2匹続けて釣れた。
型的には残念だが、アマゴの存在を確認できたのでまずは一安心
竿をたたんで左岸から高巻いた。

藪漕ぎしながらクモの糸と格闘しつつ

ゼイゼイ(||´Д`)

ハーハー(;;;´Д`):

と進む

これはイカン!
なまった身体に運動不足を痛感する・・・・・

小さいながらも良淵が続くので全ての淵を攻めてはみるが
悲しいほどに何の反応も無い

だんだんと渓が狭まりV字谷になってくると
いい雰囲気のゴルジュ帯がお目見え
竿が全然届かないので廊下の中に立ちこむと水が冷たい!!

「気持ちええ~」

しばらくクールダウンしながらゴル奥の落ち込みをボーっと眺めていた。

10分程で体力も気力も回復したので倒木の奥へ振り込むと
仕掛けを馴染ませる間も無く

グンッ

目印が一気に沈む
慌て気味にビシッと合わせる(笑)
目印が沈んだまま動かない
でも生命反応は手元にビキビキ伝わってくる
大物の予感にアドレナリンが出まくる!出まくる!!

しかしこの場所はヤバい!倒木に絡まれたら終わりじゃないか
覚悟を決めて
( `∀´)p/ヨシ
多少強引にでも倒木の手前まで引きずり出す為に後ろへジリジリと後退する
もちろん相手はまだ浮いてきていないし竿は曲がったまま

そのまま5分程が経過しただろうか

いきなりオレの方へ突進してきたかと思ったら、
オレの右脇をすり抜けオレより後ろへ走っていくじゃないか!

今度はオレが川上で相手が川下へと体制が変わってしまった・・・・
相手は流れの勢いにのって逃れようとするが
体制が入れ替わった瞬間にありがたい事に竿が立っています。
簡単に頭がコッチに向いてくれました。
この勝負オレの作戦勝ちやね(本当はただの偶然なんだけど)
(^皿^)
久しぶりにタモを取り出し

御用!!

おおぉ~!!
デカいじゃな~い
検寸すると30cm
先月の仁淀川の本流尺アマゴに続き、今回は源流尺アマゴ♪
もうこれで満足ですハイ
帰りましょ♪


30cm

竿をたたんで撤退ルートを確認すると
左岸も右岸も垂直気味に切り立っているが
右岸の方は足が掛かるポイントが結構ある。
なんとか右岸を直登してゴルジュを脱出!

ゴルジュ帯を抜けると渓は穏やかになってきた
退渓ポイントを探しながらルンルン気分で行進!!
危なげなく退渓ポイントを見つけ、さあ帰ろうとすると・・・・・
遠く先の倒木に隠れたその奥に、なにやら美味しそうな淵が見え隠れしています。

折角だからあの淵だけやっつけときますかね♪
そろ~りそろ~りと近づき
竿をスルスルと伸ばしてポイっと放り込む
するとガツンと
一発ヒット!
そこは淵といえども砂で埋まっているので全体的に浅場
その為、暴れている魚体は丸見えです!!

ウソ~ん!!こいつも尺あるんじゃないか???
と、その時
もう一匹一回り小さいのが出てきて、掛けた魚にまとわりついています。
2匹いたか~良かった!オレにしては珍しく大きい方を掛けている(笑)
もう興奮しまくってしまい、その後のやりとりはあまり覚えていない
(゜д゜)~*
でもしっかりタモ入れはしていました(良かった!!)
なんかさっきの尺モノより一回りデカイ気がする
震える手で検寸すると31cm
バンザーイ!\(∇´\) (/`∇)/バンザーイ!!
1日で尺アマゴ2匹達成!!
オレには初めての経験です
ヤッタ━| o|。゚+.ヾ(・∀・)ノ゚+.゚|o |━ン♪
こんな日もあるんやね~今日はツイてた♪


1匹目の尺アマゴより朱点が少なくて、こっちの方がオレ好み。
( ̄一* ̄)キラン

本流もいいけど、やっぱ源流もバカにできんよね~
こんなのに会えるんだったら、疲れも吹っ飛びます!!

PM03:30納竿

~釣果~
アマゴ4匹
最長31cm
次点30cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*