2011 渓流18

時雨谷釣行

本日は淳師匠のお供で久しぶりの源流釣行(*^-^)vィェィ♪
選んだ谷は時雨谷

AM8:00に入渓

まずは淳師匠の後からしばらく見学してみる(*ада)ジーー

ここ最近は本流釣りがメインの淳師匠だが、
若い頃はあけてもくれても山奥へ通いつめていたそうで
一旦渓に降りると源流師の貫禄がプンプンと漂う

すこぶる魚影は濃い!!


20cm

どこに竿を出しても喰らいついてくるアマゴたち

まさに

パラダイス☆

それに伴い淳師匠のピッチがどんどん上がってくる

釣っては放し

釣っては放し

で際限なくアマゴ達が顔を出す

川の中を歩いていてもサッと走る影がアチコチに

白砂と同様に美白のアマゴ達

そこには人間の気配などなく
原生林と豊かな清水によって形成される大自然があるのみ

いつまでも残っていてほしい貴重な源流域だ!(*´-ω-)

落ち込み手前のハングした壁際から
元気一杯に飛び出したプリプリアマゴ
21cm

段々畑のごとく続く落ち込みに心躍る♪ヾ(゚▽゚*)ルン♪

大高巻きのあとは急斜面を下降

淳師匠は慎重に慎重を重ね、見事なロープワークで
無事下降成功!
オレは華麗に滑り降りた(滑り落ちた※笑※)Σ(~o~;)

休む間もなくいくらでも飛び出してくるアマゴ達

大渕の上で掛けるオレと、下で掛ける淳師匠とのダブルヒットの場面も

23cm&24cm

貫禄タップリのガマ親分まで挨拶にきてくれた

本日最大は淳師匠の26cm

オレもそろそろ尺上に。。。(´_`;)

期待しつつ頑張るが・・・


22cm

ここでランチタイム( ̄~; ̄)Ψモグモグ

久しぶりに渓流で食べるお弁当は美味いね~♪
普段の単独釣行では食事を取る時間も惜しんで釣りに没頭してるから(笑)

四段滝に主の姿を探すも

お留守のようで(^^;)

やたらと頭の大きい怪獣顔のアマゴがHIT!

23cm

PM3:00ここで納竿

降り注ぐ滝を見ながら、山の神に感謝しつつ渓に別れを惜しむ淳師匠
絵になってるね~

そしてこの滝を直登する淳師匠

「まだまだ若いモンには負けへんで~」


いや~お見事!!

~結果~
アマゴ 2人合わせて70~80匹くらい
最長は淳師匠の26cm

爆釣で楽しかった~♪
尺上は次回のお楽しみということで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*